Rock'inTheLife

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
08
 
職場の友人達と新車の試乗会も兼ねて
長沼町へジンギスカンを食べにいってきました

マオイの丘公園という施設があり
オートキャンプ場、パークゴルフ、テニス、温泉、野菜の即売場などがあります

長沼

町営なのにものすごく整備が行き届いており時々やってくるのですが
なかでも有名なジンギスカンが食べれるのです

長沼、かねひろ、佐藤(いづれも長沼の肉屋の名前)と種類があり
それぞれ味付けが違います
とりあえずというか
大人の財力で全ての肉を食します

長沼マトン
かねひろマトン
佐藤マトン
長沼ロース
かねひろロース

ジンギスカン

&ご飯大盛


写真では小さくみえますが、これ大皿です


1種類ずつ焼いていきますが
焼きが入ってから2分くらいで
完食

こんな状態 もうちょっと落ち着いてたべようよwww
σ(´~`*)ムシャムシャ(*´▽`)◇ゞゴクゴク(*´▽`*)=3ハアーデリシャス♪

運転手が可哀想なのでアルコールは控えてましたが
あまりにおいしいのでつい頼んでしまいました(笑)




食べた後はすぐに動けないので公園で太陽を浴びます
SL
軽く風を浴びながら歩いていると公園内にSLが飾ってありました
特に補完管理もしていないようで
錆びてボロボロでしたが、説明書をみると
当時のお金で数千万・・・掛かったそうです
(今の金額だと兆?)

大変な国家プロジェクトだったんでしょうね



腹もこなれたしメシ食ってそのまま帰るにはもったいない
ということで、そのまま夕張へドライブ
勝手気ままなのも試乗会の特徴です

夕張といえば・・・
炭鉱・映画(黄色いハンカチ)・夕張メロンと相場が決まっていますが

メロンは時期的にまだ早いし、映画は興味なしなので
石炭の歴史村を見学することになりました

正直、こんな寂びれた町の観光なんて
大して期待していなかったのですが、駐車場を見てびっくり超満員

GWの家族連れが大挙していました
どうやら、遊園地もあるようでヒーローのショーを目当てにきていたりするようです


そんな子連れ達を尻目に

看板炭鉱

石炭博物館へ行きます(`・ω・´)

大夕張という炭鉱村があり、歴史の流れとともに閉山
平成9年に村はダムの底へ・・・

中に入ると巨大な石炭や使用していた道具
引き伸ばされた写真パネルなどが展示してあり

なかでも印象深かったのは、炭鉱夫たちが炭鉱内でお弁当を食べている写真
顔は石炭粉で墨を塗ったように真っ黒
天井から石炭の黒粉が振ってくるので弁当のフタを少しだけ開けて食べています


「こんな姿、写真にとるんでねぇ 嫁や子供にこんな情けない姿見せらんねぇべ」

コメントが書いてありました



オイ泣かせるじゃねぇか(´;ω;`)


妻や子供のために一生懸命仕事して、コ汚いとこでおとさん達はメシ食って頑張っていたんですね


そんなこんなで途中地下1500mまで下るエレベータ(!)で
N村一家にも偶然出会うサプライズもあり800円でかなり楽しめました

もし夕張にいくことがあれば是非に




スポンサーサイト
    02:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://nodoblog.blog59.fc2.com/tb.php/15-08947dfd
プロフィール

ko-chang

Author:ko-chang
昼行灯と呼ばれたい

最近の記事
月別アーカイブ
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。